マヌカハニーの整腸作用で便秘を予防・解消!感染性の下痢の症状改善にも効果絶大!

マヌカハニーの整腸作用で便秘を予防・解消

マヌカハニーには、抗菌・殺菌作用や、抗炎症作用があり、腸内環境を悪化させる悪玉菌の増殖を防ぎ、逆に乳酸菌などの善玉菌を増やす働きがあります。

今回は、そんな腸内細菌に着目し、更に、便秘や下痢に対するマヌカハニーの効果をご紹介していきたいと思います。

まずは腸内細菌についての知識から

腸内細菌についての知識

健康な人の腸内細菌の割合は、善玉菌が2割、悪玉菌が1割、どちらにも属せず優勢な方に働く日和見菌が約7割と言われています。

腸内細菌の全体量はほぼ決まっており、善玉菌が増えれば悪玉菌が減り、悪玉菌が増えると善玉菌は減ってしまいます。

善玉菌が多ければ、免疫力を高め、食事から得た栄養の吸収をサポートしたり、健康や美容にも良い働きをしてくれるのです。

しかし、悪玉菌が優勢の場合、タンパク質を分解して腸内をアルカリ性にし、発がん物質や有害物質を作り出す為、免疫力の低下や、便秘や下痢の原因にもなります。

ただ悪玉菌といえども、タンパク質を分解し栄養分を吸収するためには必要な腸内細菌でもあります。

腸内環境を整え良好に保つためには、この善玉菌と悪玉菌、日和見菌をバランス良く共存させることが重要なのです。

便秘で悩んでいる方はマヌカハニーで予防・解消

マヌカヘルス

女性に多い悩みの一つに『便秘』があります。

悪玉菌が優勢な場合、免疫力も低下し、便秘や下痢にもなりやすくなってしまいます。

善玉菌が優勢になることによって、腸内環境が整い、便通も良くなるため、余分なコレステロールを分解し、体外へ排出してくれる効果があります。

多くの便秘の原因は、運動不足や食物繊維の不足、ストレスなど幾つかありますが、それらによる腸内環境の悪化により、整腸作用がうまく働いていない事が主な原因なのです。

また、大腸に便が長時間留まると、水分がどんどん吸収されてしまい便が硬くなる為、更に便秘が進みます。

マヌカハニーの調整作用

マヌカハニーの効果の一つとして、優れた整腸作用があるため便秘の予防・解消に効果的と言われています。

マヌカハニーに含まれている抗菌物質MGO(メチルグリオキサール)は、胃酸にも強く腸内まで辿り着けるため、強い殺菌作用が腸内で機能し、悪玉菌を殺菌・死滅させてくれます。

更に、MGOを代表とする抗菌物質や抗酸化物質は、悪玉菌を攻撃することで、善玉菌を活性化させ増やすことができるため、腸内環境が改善されます。

よって、腸内環境が改善されることで、便秘も解消されていくというわけなのです。

下痢が続いてしまう方にもマヌカハニーが効果的!

マヌカハニー

便秘に並び、多くの方が経験する悩みの一つとして、『下痢』があります。

あなたも仕事中や移動中など、直ぐにトイレへ行けない場面で、突如、下痢を伴う腹痛が起きて困った経験などはありませんか?

健康な人の便は、水分が約60~70%ほどで、これより水分が多いと軟便、水分が90%を超えると下痢を起こします。

急性下痢・慢性下痢の原因について

下痢にも種類があり、急性と慢性に分類されますが、急性下痢の場合は更に、暴飲暴食などによる非感染性タイプと、食中毒などによる感染性のものに分かれます。

慢性下痢の場合も、機能性タイプとそれ以外に分けられ、生活習慣やストレスが原因の機能性の下痢、それ以外は、病気や薬が原因と考えられています。

感染性の急性下痢にはマヌカハニーで症状緩和

非感染性の場合は、腸では、排便前に水分や栄養分を再吸収し便が作られますが、食べ過ぎてしまった際、水分の吸収が追いつかず、水分が多いまま便として出されてしまうのです。

また、精神的な緊張がある時の暴飲暴食も、下痢として症状に現れることもあります。

感染性の場合は、食中毒など、あらゆる食品に付着した細菌やウイルスの侵入によって経口感染し、下痢として症状が現われます。

頻回の下痢や嘔吐であれば、水やスポーツドリンクを薄めたものを少量に分けて水分摂取し、脱水症状を起こさないよう気を付けなければいけません。

マヌカハニーの強い殺菌力は、食中毒の原因となる、サルモネラや黄色ブドウ球菌、腸管出血性大腸菌O-157などにも効果的で、感染性急性下痢の症状の緩和に繋がります。

慢性下痢にもマヌカハニーで対処

1日の下痢の頻度も多く、その状態が3週間以上続くものが慢性の下痢と呼ばれています。

機能性タイプは、不安や緊張、ストレスが原因で起こり、過敏性腸症候群の場合もあります。

改善の為には、普段から規則正しい生活を心がけ、十分な休養や睡眠をとり、ストレスを軽減させる習慣を身につける必要があるでしょう。

マヌカハニーには、エネルギーの代謝を助けるパントテン酸や、ビタミンCなどの成分も含まれています。

これらの成分を積極的に摂る事により、抗ストレスホルモンが働き、ストレスに対抗できる状態になります。

ただ、クローン病や大腸腫瘍などの病気が隠れている可能性も考えられますので、下痢の症状が酷い場合は、主治医に相談して治療しましょう。

まとめ

善玉菌と悪玉菌どちらにも有効的なマヌカハニーを摂取することで、腸内環境を改善し排便を手助けします。

更に、マヌカハニーに含まれる成分によって、食中毒などによる下痢の症状にも優れた改善効果が期待できます。

まずは、ストレスを溜め込まず、生活習慣を見直し、免疫力を上げるために、マヌカハニーを活用してみてください!

おすすめのマヌカハニーは下記記事で紹介しています。口コミや評判が良い物をピックアップしました↓

マヌカハニーの人気ランキング!有名メーカー厳選4選のおすすめ品を紹介!

2016.07.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)