マヌカハニーは犬や猫に与えても大丈夫!犬の口内炎・歯周病や肝臓等の疾患について

犬猫マヌカハニー

ニュージーランドの原住民「マオリ族」の人々が薬としても用いていたと言われるマヌカハニーは、実は犬や猫にも良い効能があると言われています。

犬や猫にとって必要なビタミン・ミネラルも豊富なマヌカハニー。

今回はマヌカハニーの犬や猫に対する影響や与え方をお伝えしていきます。

犬や猫へのマヌカハニーの与え方や効果、与える際の注意点など

マヌカハニー

主な成分は糖質(ブドウ糖と果糖)ですので与えすぎてしまえばカロリーオーバーとなり、肥満へ繋がってしまうのは当然ですが、適量を与えるだけなら犬や猫にも問題はありません。

基本的にメーカーで製造されているマヌカハニーであれば、加熱処理をせずそのまま摂取させた方がよりマヌカの効能を発揮させます。

ただ、養蜂家から直接入手した手作りの蜂蜜や非加熱の生蜂蜜はより栄養価が高いものの、まれにボツリヌス菌による食中毒の恐れもあります。

不安を感じた場合には、養蜂家や獣医への相談・加熱処理(100度以上で10分以上)をおすすめします。

また、腸内細菌が整っていない子猫や子犬には与えないでください。

◆犬や猫の様々な疾患にもマヌカハニーが効果的

抗菌活性力の他、ビタミン、ミネラル、アミノ酸を豊富に含む栄養価の高いマヌカハニーは、普段の健康維持から肝臓疾患等まで、ペットに負担をかける事なく幅広い効果を発揮します。

蜂蜜には、肝臓病の悪化による高アンモニア血症や肝性脳症等を防いでくれる働きがあり、すぐにエネルギーともなる為、治療食としても有効です。

特に肝臓の数値が悪いペットには、柔らかくふやかしたフードにMGO400+以上のマヌカハニーをティースプーン(金属製でないもの)3分の2ほど混ぜ与えてあげましょう。

◆犬や猫の外傷治療・皮膚疾患にもマヌカハニーが効果的

散歩中に思わぬを怪我を負った場合、応急処置としてもマヌカハニーが有効です。

傷口に塗る事で、高い殺菌作用によって菌が侵入して化膿するのを防いでくれる為、外傷治癒として役立ちます。

ただ、塗った部分は舐め取れないよう、エリザベスカラーなどでガードしておくと良いでしょう。

皮膚病による脱毛などもマヌカハニーが持つ抗炎症作用によって改善することが可能です。

また、皮膚疾患や外傷だけに限らず、普段から与えることによりダニによる抜け毛や、毛並み・毛艶など、被毛ケアとしても期待できます。

◆犬や猫のオーラルケアとしてもマヌカハニーが効果的

多くの犬や猫は歯磨きが苦手なため汚れを綺麗に落とすのが難しく、蓄積された汚れにより虫歯や歯周病、口内炎など、お口トラブルの原因となります。

抗炎症作用のあるマヌカハニーには、人間と同様にペットの口内炎や腸内からの口臭にも有効です。

トラブルが進行してしまうと食欲低下などの健康面の問題も起きやすくなりますので、問題を未然に防ぐためにもマヌカハニーでケアしておくのが効果的と言えます。

飲ませ方としては鼻の頭や上唇の内側に塗ってあげたり、また、嗅覚が鋭いためマヌカ独特の香りを嫌がるペットには肉球に付けてあげることで、自ら舐めて自然に摂取してくれます。

また、薬が嫌いなペットには薬を砕いてマヌカハニーと一緒に混ぜてあげることで、飲ませやすくもなるでしょう。

まとめ

今回は、マヌカハニーの犬・猫に対する影響をお伝えいたしましたが、マヌカの成分は注意点を守れば、人間だけでなくペットの健康維持や体調管理にも使える最強の栄養食品と言えます。

ダメージや薬での副作用を少しでも減らし、ペットの体に良い物を与えつづける事が長寿の秘訣となるので、日頃からマヌカハニーを舐めさせてあげるのは効果的です。

おすすめのマヌカハニーは下記記事で紹介しています。口コミや評判が良い物をピックアップしました↓

マヌカハニーの人気ランキング!有名メーカー厳選4選のおすすめ品を紹介!

2016.07.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)