胃痛や慢性胃炎・胃潰瘍など、胃のトラブルの症状緩和にもマニカハニーが有効です!

胃のトラブルの症状緩和にもマニカハニーが有効

生活習慣の乱れや、ストレスなどによって、胃腸のトラブルを抱えている人は多く、症状が悪化すると胃炎や胃潰瘍などの病気として現れることもあります。

今回は、マヌカハニーの殺菌作用や抗炎症作用が、胃痛や胃炎の症状緩和・予防にどのように効果的なのか、ご紹介していきたいと思います。

胃の役割は食物の消化と殺菌

胃の役割は食物の消化と殺菌

まずは胃の主な役割を簡単に説明しますと、食物を消化するため強い酸性の胃液が分泌されており、多くの細菌は胃の中で殺菌されます。

更に、身体に入った悪い物質を嘔吐として出す働きも持っています。

また、胃粘液が粘膜の上に薄い層を作って胃液から自身の胃を守っているため、胃炎の症状が悪化しなければ、胃壁は消化される心配はほぼありません。

胃炎など、胃腸のトラブルとマヌカハニーの関係

マヌカハニー

胃腸の痛みの種類を大きく分類すると、4つに分かれます。

①食べ過ぎや胃の潤い不足が原因で起こる胃痛

食べ過ぎによって胃が膨らみ、お腹が突っ張ることで痛みを感じたり、暴飲暴食することで消化機能が落ち、胃痛が起こるケースもあります。

食べ過ぎてしまった場合は、消化不良の改善にも効果的なマヌカハニーや、胃の消化力を助ける大根などを積極的に摂り入れましょう!

また、カプサイシンなど、辛いものやスパイスの効いた刺激物を食べ過ぎると、胃に熱がこもり潤いが不足するため、焼けるような胃痛を引き起こします。

のどが乾いたり、胃が熱いと感じた場合には、 マヌカハニーの抗炎症作用や、牛乳やヨーグルトなどの乳製品と一緒に食べる事で、胃を落ち着かせ潤いを与えることで回復します。

②ストレスが原因で起こる胃痛

ストレスによる胃痛は、胃が張るなどの症状で、下痢を伴う腹痛として現れます。

抗酸化作用のあるマヌカハニーや、ストレスを軽減するビタミン類を積極的に摂ることで、胃や肝の働きを良くしましょう!

③冷えが原因で起こる胃痛

胃の裏側に位置する脾臓の働きが弱く、冷えた食物を食べ過ぎた時などに、胃が冷えていることによって起きやすい症状です。

胃を温めて回復させるため、消化機能と消化促進に効果的なマヌカハニーを、食前30分前に小さじ1~2杯食べておくと良いでしょう!

④慢性胃炎や胃潰瘍の原因ともなるピロリ菌による胃痛

胃炎とは胃粘膜が炎症を起こしている状態で、急性と慢性で炎症の状態も違い、慢性胃炎の場合、原因の80%がヘリコバクター・ピロリ菌であると言われています。

また、慢性胃炎の炎症が進行すると胃潰瘍となり、攻撃側が優位にもなるため、強力な胃酸の消化作用が働きます。

それにより、胃潰瘍まで進むと、自身の胃粘膜まで攻撃されるため、胃壁や筋肉の層までも消化されてしまう危険性があります。

マヌカハニー特有の成分、食物メチルグリオキサール(MGO)は、ピロリ菌の除去にも効果を発揮してくれますので、普段から摂取しておくことで、胃潰瘍予防にも繋がります!

まとめ

今回は、胃痛や胃潰瘍などの胃のトラブルに対するマヌカハニーの効果をお伝えいたしました。

どこからくる痛みなのか?胃痛の原因をしっかりと突き止めた上で、しっかりと改善対策を考えてくださいね。

胃腸の病気の主な原因は、普段の生活習慣の悪化からくるものがほとんどです。

マヌカハニーを普段から摂り入れ、バランスよい食生活や生活習慣を心掛けることで、免疫力をUPし、予防していきましょう!

おすすめのマヌカハニーは下記記事で紹介しています。口コミや評判が良い物をピックアップしました↓

マヌカハニーの人気ランキング!有名メーカー厳選4選のおすすめ品を紹介!

2016.07.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)